Текст песни MEGPOID - Donut Hole

いつからこんなに大きな思い出せない記憶があったかどうにも憶えてないのをひとつ確かに憶えてるんだなもう一回何回やったって思い出すのはその顔だそれでもあなたがなんだか思い出せないままでいるんだな環状線は地球儀を巡り巡って朝日を追うのにレールの要らない僕らは望み好んで夜を追うんだなもう一回何万回やって思い出すのはその顔だ瞼に乗った淡い雨聞こえないまま死んだ暗い声何も知らないままでいるのがあなたを傷つけてはしないか ?それで今も眠れないのをあなたが知れば笑うだろうか簡単な感情ばっか数えていたらあなたがくれた体温まで 忘れてしまったバイバイもう永遠に会えないね何故かそんな気がするんだ そう思えてしまったんだ上手く笑えないんだ どうしようもないまんまドーナツの穴みたいにさ

穴を穴だけ切り取れないようにあなたが本当にあること決して証明できはしないんだなもう一回何回やったって思い出すのはその顔だ今夜も毛布とベッドの隙間に体を挟み込んでは死なない想いがあるとするならそれで僕らは安心なのか ?過ぎたことは望まないから確かに埋まる形をくれよ失った感情ばっか数えていたらあなたがくれた声もいつか 忘れてしまったバイバイもう永遠に会えないね何故かそんな気がするんだ そう思えてしまったんだ涙が出るんだ どうしようもないまんまこの胸に空いた穴が今あなたを確かめるただ一つの証明それでも僕は虚しくて心が千切れそうだ どうしようもないまんま簡単な感情ばっか数えていたらあなたがくれた体温まで 忘れてしまったバイバイもう永遠に会えないね最後に思い出した その小さな言葉静かに呼吸を合わせ 目を見開いた目を見開いた 目を見開いたあなたの名前は
Слова и текст песни MEGPOID - Donut Hole принадлежит его авторам.

Добавить комментарий

Ваш адрес email не будет опубликован. Обязательные поля помечены *